メルブラ選手権・中ブロック決勝戦・戦いの系譜


ハイドラGP決勝戦の第二弾、中ブロック決勝戦が、
10月1日、大阪のアテナ日本橋で開催された。

秋晴れの大阪。アテナ日本橋の6階対戦フロアは、4セットのメルブラ対戦台と、
当日限定で、姫アルクが追加されたメルブラの新バージョン1.07が稼動し、
大会前からメルブラ勢の熱気に包まれていた。

この日のGP戦で最も注目されていたのは、
「GO1が予想通り勝つかどうか」だろう。

2010年闘劇’10優勝者で、ランバト戦では近畿エリア1位を独走したGO1。
メルブラ勢からも、異口同音にGO1最強説が語られる。
GO1が大方の予想通り優勝をさらうのか。
それともこの中から、GO1を倒して新たな時代を築く者が現れるのか。

13時、司会のらんぽが開会を宣言する。
ここから中ブロック当日予選大会が開始された。

この日の当日予選に参加した選手は31名。
同じエリアに京都a-cho、滋賀のガオラを抱える近畿エリアは、
当日予選も名前に覚えのある選手が大勢参加していた。
約2時間の激闘の末、当日参加の4名が決まり、8名の決勝戦出場選手が出揃った。

「RMM」選手(七夜) [北陸エリア]
「GO1」選手(秋葉) [近畿エリア]
「らくちゃん」選手(レン) [近畿エリア]
「ユウ」選手(シオン) [MBAACC段位戦主催者推薦]
「Solty」選手(ネロ) [当日予選枠]
「まるす」選手(メカヒスイ) [当日予選枠]
「びん」選手(紅摩) [当日予選枠]
「オカジー」選手(秋葉) [当日予選枠]

15時過ぎ、チェアマンのエコール社長真鍋より、いよいよ中ブロック決勝戦の開始が宣言される。

まずはA,Bの2グループに4名ずつ分かれての総当たり戦が行われた。
一同の視線が中央の対戦台に集中する。

GO1はAグループ。彼の初戦の相手は、同じ秋葉を使うオカジーだ。
オカジーは予選で、闘劇’08優勝者コウ選手の秋葉を倒している。
同キャラ対決は激しい読み合いとなり、第3ラウンドまでもつれ込むが、
残り2秒でGO1が決定的なコンボを決めて勝利を決めた。

その後もGO1は時折危うい場面を見せながらも勝ち続け、
ただ一人「全勝」で決勝トーナメントへの出場を決めてしまった。


そして決勝最終トーナメント出場者は、この4名に絞られた。

Aグループ1位「GO1」選手(秋葉) [近畿エリア]
Aグループ2位「オカジー」選手(秋葉) [当日予選枠]
Bグループ1位「らくちゃん」選手(レン) [近畿エリア]
Bグループ2位「Solty」選手(ネロ) [当日予選枠]

決勝トーナメント最初の試合は、GO1 VS Solty。
GO1の秋葉はフルムーン、Soltyのネロはクレセントムーンを選択。
第1ラウンドはコンボをきっちりと決めてSoltyが取った。
今日のGO1はやや精彩を欠いているように見える。
続く第2ラウンド。一進一退の展開となるが、
読み合いを制したSoltyがGO1を追い詰め、残り15秒でGO1秋葉の体力は残りわずか。
まさかここで、GO1が敗れるのか!?
だがGO1が一瞬を突いて猛反撃。なんと残り4秒でGO1が1本取り返す。
流れに乗ったGO1は、第3ラウンドをパーフェクトで取り勝利した。
追い詰められても冷静に対処し、勝利をつかむ。このハートの強さがGO1の強さか。

第2試合はオカジー VS らくちゃん。
ここで勝ってGO1と決着を付けたいオカジー。
第1ラウンドはらくちゃんが取り、第2ラウンドはオカジーがパーフェクトで取り返す。
第3ラウンド、流れとしてはオカジーかと思われたが、
残り3秒でらくちゃんのコンボが決まり、オカジーの手が止まる。
GO1の対戦相手は、らくちゃんに決まった。

いよいよ最終試合。
当日枠も含めて強豪ぞろいで、誰が勝ち残ってもおかしくない戦いばかりだったが、
最終試合はまさに王道の展開と言える、
ランキング1位GO1と、2位らくちゃんの一騎打ちとなっていた。

GO1はフルムーンスタイルの秋葉、対するらくちゃんはハーフムーンのレン。
第1ラウンドは開幕からGO1が猛攻を見せ、らくちゃんの体力を一気に半分まで削る。
らくちゃんも反撃するが及ばず、GO1が王手をかける。
次の第2ラウンドもGO1がすさまじい勢いで攻め立る。読み合いに次ぐ読み合いも、GO1が一歩上を行く。
やはりGO1は前のSoltyとの試合で、勝負の流れを掴んでいたのか。

「ハイドラGP中ブロック決勝、勝ったのはGO1です!」
らんぽの宣言と共に、激闘をたたえる拍手が沸き起こった。

勝利の後のインタビューで、GO1は今日の試合について、
「絶対優勝できないと思っていた」と語った。紛れもなく彼の本音だろう。

だが、それでも最後に勝ったのはGO1だった。
逆風でも決して折れることなく、冷静にチャンスを掴み取る。
やはり、GO1は強かった。中ブロックGP戦はそれを証明して幕を閉じた。

この試合の模様は12月発売のカーニバルファンタズム3DVDに
特典映像として収録される予定である。

勝負の後、決勝を戦った8名の選手と共に、記念写真を撮った。
今日の戦いが終わっても、彼らは打倒GO1を目指して戦い続けるだろう。

今日の舞台を提供してくださった、アテナ日本橋の岡田店長をはじめスタッフの方々と、
熱い司会で試合を盛り上げてくれた、MBAACC関西段位戦のらんぽ氏。

彼らのおかげで、中ブロック決勝戦に相応しい最高の大会を開くことができた。
本当にすばらしい大会だった。

エコールスタッフは大会の余韻に浸りながら、西ブロック決勝の地、福岡へと向かった。