運営ルール


 

・ブロック制
大会を行う店舗は、その所在地によってエリア分けされ、
それぞれのエリアごとにランバトを行います。
これは、地域ごとの大会開催数による不利益をなくすためです。
※構成は各エリアの選手参加人数により調整する場合があります。

GP戦は、ブロックごとに行います。ランバトのエリア上位者の中から、
各ブロックにつき6~10人の代表者が選出され、総当たり戦で行われます。

  • 東ブロック(北海道エリア/東北エリア/関東エリア)
  • 中ブロック(北陸エリア/中部エリア/近畿エリア)
  • 西ブロック(中国エリア/四国エリア/九州・沖縄エリア)

選手はどのエリアの大会に参加しても結構ですが、
エリアをまたいでのランキングポイントの積算は行いません。

・店舗大会(ハイドラGPが協賛する店舗大会)
店舗独自のルールによります。また参加料の有無は店舗の基準に準じます。
参加者が8名(シングル戦)または8チーム(2on2)以上の場合、ランキングポイントが付与されます。
優勝(10Pt)準優勝(6Pt)3位(4Pt)4位(2Pt)5位以下(1Pt)
※2on2の場合もチームメンバーそれぞれに同様のポイントが付与されます。
※選手登録していないプレイヤーが入賞した場合、大会当日に選手登録を完了した場合は
 ポイントは有効ですが、翌日以降に選手登録をした場合は無効とします。

店舗大会の開催頻度に関しては人口密度による不公平を緩和するため、
人口密集地域ではなんらかの制限を設け協賛を行う予定です。

・GP戦(ハイドラGPが主催する大会)
ランキング上位者によるGP戦を数ヶ月に1回、各ブロックで行いチャンピオンを決定します。
GP戦は原則シングル総当り戦で行われますが、特別ルールで実施される場合もあります。
GP戦の映像および画像はアルカディア誌などの雑誌、ネット配信、公式DVDなどで使用します。
※素顔を掲載・公開・配信不可の方はGP戦には参加できません。
※クライマックス選手権はエリア分けを行わず本ページとは別ルールを採用しています。
 詳細はクライマックス選手権開始をご参照下さい。

コメントを残す